みろくの目覚め、地球の目覚め

 

みろくは、この地上で変容を求められている。

みろくに伝わる光は大きいの。

みろくは光に生まれ、

この人類の進化を生きるのです。

“みろくの目覚め、地球の目覚め” の続きを読む

みろくを目覚める人

 

 

みろくへ

 

みろくの人たちは、光として開いていくことを丹念に求めるだろう。

そしてスピリットをつなげ、光を開き、愛を開くだろう。

 

みろくはしっかりと光として立つことを求めていく人です。

“みろくを目覚める人” の続きを読む

みろくのエネルギーを持つ人

 

みろくからのメッセージ

あなたは地球を知っている。

その中に復興していくのは、愛の開き。

 

あなたが愛を生きる。

あなたが本当の愛をうたう。

そうなります。

その今を許すなら、あなたは開いた人となるのです。

あなたがみろくとして今あるとなることなんです。

 

また、みろくを生きる人がいて、みろくの音程を持っています。

DNAはみろくをしっかりつなげるように動くでしょう。

“みろくのエネルギーを持つ人” の続きを読む

チャネルをする人の浄化・サナンダより

 

 

チャネルをする人は、

必ず自分の感情と肉体をきれいに浄化していくことをおすすめします。

これは、必須とも言っていいと思います。

 

チャネルは光のエネルギーを読むことです。

ライトボディの光言語の解読装置を光が通ります。

自分を通ってしまう。

“チャネルをする人の浄化・サナンダより” の続きを読む

開く人へ・サナンダのメッセージ

 

開く人へ

光は大きく開き、

人のエネルギーを開いた。

人は大きくうたう。

ハート、エネルギー。

 

人はエネルギーを開く。

光を開く。

身体のエネルギーを五次元への光に開く。

光は四次元的なエネルギーを五次元へと高めるので、

あなたは開いていく。

 

光が七次元というあなたのスピリットからのOKを知り、

あなたをうたうことにしたのだ。

“開く人へ・サナンダのメッセージ” の続きを読む

サナンダから
みちこのセッションについて

 

 

 

 

 

 

 

 

サナンダの光から、みちこのセッションのことを話します。

 

キリスト庁や銀河や、

アセンションの仕事を伝えて来る源からの光が、

大きく進化を伝えて来ています。

 

地上の人の目覚めをもっと早めることや、

光を高めることが、銀河レベルでの意です。

銀河は人間のトーンを伝え、進化を伝えています。

 

あなた方は、もっと目覚めてよいのです。

知覚はもっと高めましょう。

光の手のヒーラーは、その手を四次元的な癒しから、

“サナンダから
みちこのセッションについて” の
続きを読む

サナンダのメッセージ・光の人へ2

 

地球の光は今、

五次元をようやくラインに歌い、チャクラを高め、

この三次元を愛の光にOKして、

愛を丸く光らせることを始めました。

 

これは2013年のアセンションを人が期待し、

歩みを今ではなく、

2013年という未来に期待したことです。

それは、アセンションを未来へと延ばしてしまいました。

 

人は期待によって、アセンションを今にせず、

未来へと託してしまったのです。

“サナンダのメッセージ・光の人へ2” の続きを読む

愛を知り開くこと・サナンダのメッセージ


 

光を知るということは、光を感じることだけでなく、

光をよく見ることです。

光を整えることや、開いていくことは、よいですね。

チャクラをハートを中心にして丸く融合するのもいいね。

毎日融合し、開いていく人、

エネルギーをちゃんとしようとする人、

よくやれていますよ。

“愛を知り開くこと・サナンダのメッセージ” の続きを読む

大天使アリエルからみろくへ

 

みろくの光の扉。

みろくは神秘な光です。

みろくはその人のライトボディを高く光り、大いなる光をつなげます。

みろくは、あなた方の知性や愛を開くことを伝えていきます。

みろくのこの開きは、

みろくの人に起こり、また地球のすべての人にも作用します。

 

みろくは、みろくの開きの中で、

高き光をライトボディや肉体と調整を始めているところです。

“大天使アリエルからみろくへ” の続きを読む

ハートを開きあなたを開け・サナンダ

 

サナンダのメッセージ

 

ハートを開きなさい。

光をよく知ることも必要。

 

光のエネルギーはハートに開く。

生命体としてのエネルギーとうたうように開く。

すべてを開く。

あなたを開き、光を開き、

大いなる光への道を開く。

そこから開く光としっかりつながれば愛が開く。

“ハートを開きあなたを開け・サナンダ” の続きを読む