光の体の中にある思いというもの
愛のエロヒムのメッセージ

 

 

開かなかった思いというのは色々あってね、

あれをするべきだった。

あんなことされて辛かった。

こんなこと不甲斐ない。

そういうのはすべて、開かないことを言っている。

 

エネルギーが開かなかった。

そういうこと。

開くようにしたかったー。

そういうこと。

“光の体の中にある思いというもの
愛のエロヒムのメッセージ” の
続きを読む

思いの中にいるときのエネルギー
愛のエロヒム

 

あなた方の肉体とエネルギーと、
それが平和になるための今を見てほしい。

平和であることは、
あなたにとって、人からのエネルギーが見えていても、
あなたはあなたのエネルギーであること。


エネルギーは愛を知るための光でもあり、
あなたは人へ求めることもある。
そういうエネルギーは、
人へつながろうとし、自由に動き回るが、

開かない動きである。

人とつながり、人のエネルギーを欲しがり、
また、その人の 光としてのありようを全くうたわない。

 

人を大いなる光として許すならば、
あなた方のそのエネルギーは、
人へのその念などの紐のような形の動きをすることはない。
このような動きの四次元のエネルギーは、とても沢山動いている。
人のエネルギーは沢山このような紐を付けてきた。

これらは、人と被害者意識をつなげ、
いつまでも思いの中でエネルギーを古くしていた。

この紐はついてしまうと、取れない。

許さないと取れないんです。

そういう動きです。

 

人と思いがあり、念のコードが付いているということは、

人とエネルギーが伝わっているということです。

あなたのエネルギーがその人とつながり、うたわないわけ。

からだとして光が開かないのです。

こういう動きの中にある光は古いんですよ。

 

もうOKして、

ありがとうで許しましょう。

 

ありがとう。

 

そう言ってください。

 

その人に言うんです。

そして、許します。

 

ここから始まり。

 

新しいあなたです。

 

愛のエロヒム

 

 

 

感情を開き心を開くために・愛のエロヒム

 

 

あなたの中で許せないと思うことは、

あなたとその人のエネルギーがうまくいっていない。

 

あなた方は感情を持っている。

感情はエネルギーのからだの中で動く。

それはとてもイガイガしている。トゲトゲした形だ。

これが不満や被害の感覚をつなげるように人と引っかかる。

このトゲトゲの引っかけ合いは、

その人の光を見ないようにして、

そこにいつまでも光を開かなくする。

 

これは今を生きる人にとっては、不満の元であり、

あなたを許せなくなるし、

その方も許せない。

これが開かないという感覚であり、安全でないし、平和でない。

 

その人とうまくいかない。それは現実の中では、

生命を信頼できなくする。

愛を信頼できなくする。

 

引っかかりというのは、

その人とやりたいことをやれていないということだ。

開き、お互いが愛の光であり、許し合い、

今期出会って、

心のうたうように楽しい何かをするということができない。

それがやりたかったのにできないということだ。

 

開くというのはね、

あなたとあなたの五次元がひとつの光になることだ。

そこへ開いていくのだ。

あなたに愛を開くことになるのだ。

愛はあなたにあり、大いなる平和なのである。

 

あなたは心を持っていて、開く。

光だから開く。

愛の光に開かれる。

それがあなただ。

あなたの中で愛が開く。

それはあなたにとって安全である。

愛は開くからである。

スピリットはそこにあり、許し、調和していく。

あなたを開き、全面音程を整えていくでしょう。

 

被害意識は、安全ではない。

エネルギーは開いていないし、光を整えられないし、

感情のイガイガはつながってしまっている。

 

あなたが開く時、光は開く。

古いくたびれた感情を開く。

それはなくなる。

あなたの中から。

うたえない思い、古い思い、安全でない思い、それは引っかかりであった。

愛は開く。

エネルギーを開く。

あなたを開く。

愛エロヒム

 

 

古い思いは開かなくする

 

愛のエロヒムから

 

感情はあなただと思っていると、それは違う。

感情はあなたのエネルギーであり、

肉体の外にもあり、中にもある。

体はエネルギーを伝える動きがあり、

人とエネルギー的に伝えている。

 

 

欲しい。それは伝わる。

そのエネルギーはあなたであり、

開くように動くわけではない。

“古い思いは開かなくする” の続きを読む